これからの創造のためのプラットフォーム

2016.12.20
人・音・織・機

末松グニエ文(写真家)

伊藤悟(人類学者)

2016年12月20日〜30日、岐阜市のSTENPORTにおいて、尾州の織機産業をテーマにした展示とコンサート、トークイベントが開催されました。自身の故郷でもある尾州という地域を丹念に取材してきた写真家の末松グニエ文さん、そして中国少数民族の織機の伝統を現代に紹介する人類学者の伊藤悟さんをゲストにお迎えし、私たちの生活と織物の根源的な関係をみつめなおし、これからのものづくりの可能性について考える機会となりました。

 

 

 

 

コンサートにおいては、伊藤氏が中国の少数民族から再生した「音を奏でる織機」の実演と解説が行われました。展示においては、末松氏による写真と映像作品の展示とションヘル織機によってオリジナルな生地、洋服づくりに挑む小島日和さんが製作した生地、そしてIAMASプロジェクトからは、岩正毛織の協力を得て、現在も稼働するションヘル織機を複数の映像と音響により再構成したインスタレーション作品などが展示されました。また、トークイベントにおいては、末松氏の司会により、高品質な製品づくりを世界に向けて発信する安達氏と葛谷氏をゲストとともにションヘル織機と生産地のこれからについてじっくりとお話を伺いました。